• JAとうかつ中央について
  • JAバンク 貯金
  • JAバンク カード取引
  • JAバンク 各種ローン
  • JA共済 くらしの保障
  • 農業情報
  • 各種無料相談
  • 困ったときに
管内散歩
流れの中に
立っています


旧流山橋の橋脚
旧流山橋の橋脚

流山市と三郷市を結ぶ江戸川にかけられた流山橋の少し上流に、寂しく橋脚だけが存在します。
昭和10年4月に流山橋として開通しましたが、当時は江戸川が増水すると橋脚が低いこの橋は通行できなかったことから昭和40年12月、現在の流山橋の開通とともに橋の部分を解体。旧日本陸軍が敗戦時にこの橋から爆弾を投棄したなどの噂から橋脚は放置されてしまいました。
平成16年に国土交通省が橋脚周辺の調査を行い、平成17年、自衛隊により爆弾や機関銃などが発見・撤去されましたが、現在も橋脚は当時のままの姿で江戸川の流れの中に立っています。

詳しい地図
(別ウインドウが開きます)
地図
戻る